【グロースハックジャパン1周年】もう一度読みたい記事セレクション

10171839_230419970498205_1497657852232026865_n

10171839_230419970498205_1497657852232026865_n

はじめに:

グロースハックジャパンは、2013年の9月下旬より開始致しました。

グロースハックというワードがポピュラーになり、皆様のご愛顧により多くの記事を執筆させていただいております。

その中で、いままで掲載した記事の中でもう一度読みたいと編集部でセレクションした記事をまとめさせていただきました。

是非ご覧下さい。

1:「AARRR」 今更だけど絶対抑えておくべきグロースハッカーのコンバージョンの見方

今更といわず、何度も立ち返って読みたいグロースハッカーのコンバージョンの見方になります。グロースハッカーの必須知識として是非抑えておいて下さい。

2:4種類の起業家タイプとそれぞれの弱点及び成功への鍵

グロースハックジャパンの、読者層の中では起業家の方・起業を目標とされている方が多くいらっしゃいます。そうした方に良く読まれているのが本記事になります。皆様も、自分のタイプを調べて、是非シェアしてみて下さい。

3:グロースハックに関する最も確実な手引書

グロースハックジャパンにおける、読み応えのある手引書です。グロースハックを題材に、多くのIT系サイトが記事を書かれておりますが、企業のソフトウェア宣伝などに注力するあまり、異なる内容展開になってしまっている事も見受けられます。そうした、もやもやっとした物がある方は、是非手引書をご確認ください。

4:「コンテンツマーケティングで犯しがちな6つの間違い」

現在、企業がメディアを持つブームが発生しております。そうした時に、犯しがちな認識を改めるため本記事は執筆されました。現在、サイトを開設されている方も是非チェックしてみて下さい。

5:グロースハック前に避けて通れない「ピヴォット」 10の種類と成功例

コモディティワードとなった、「ピヴォット」

しかし「ピヴォット」においても、多くの方法があります。ビジネスにおいては多角的な戦略性が必要不可欠です。反面、余計な横道に向かってしまう可能性もあります。

「ピヴォット」する際には最前な選択を行いたいですね。

まとめ:

いかがだったでしょうか?

1周年を経てグロースハックジャパンは多くの挑戦とトライを実施していきたいと思います。

今後とも応援の程よろしくお願い致します。





Author Profile

東雲八雲
 

SFCを2010年卒業。塾長賞受賞。
専門領域は、ビジネスコンサル・デザイン。NTTデータにて金融事業を企画・運営後、ジャーナリスト団体、『ワードストライク』を立ち上げる。ITブログメディア growth hack japanやCurazy(台湾版)編集長を行う。

 

8kumo

Author: 8kumo

SFCを2010年卒業。塾長賞受賞。専門領域は、ビジネスコンサル・デザイン。NTTデータにて金融事業を企画・運営後、ジャーナリスト団体、『ワードストライク』を立ち上げる。ITブログメディア growth hack japanのライターや、Curazy(台湾版)の編集長を行う。

Share This Post On