スーパーニッチが、大衆サービスを食う!開始後2ヶ月で150万PVを獲得した、The Dodoにみる成功へのプランとは?

スクリーンショット 2014-09-30 1.46.24

https://www.thedodo.com

はじめに:The Dodoについて

スクリーンショット 2014-09-30 1.46.24

みなさん、The Dodoというサイトはご存知ですか?

動物専門のバイラルメディアになります。

本メディア、動物のみの専門とする事により、一部方から熱狂的な支持を得る形で最初のメディアのスタートをしました。ニッチであれば、一部のユーザーに好まれるが大衆からは見向きもされないまま流されるという事が今までの定説でした。

しかも、Webメディアであれば自分の好みであるコンテンツを取捨選択し、何かの知的好奇心やコンテンツの優位性がない物はユーザーから求められません。

しかし実際には、開始から2ヶ月後には158万PV / 月を稼ぐまでになりました。

スーパーニッチを攻める戦略性・The Dodoがなぜ成功したかに関して解説したいと思います。

1:アーリーユーザーの獲得の上手さ

The Dodoは、動物に対する問題提起を行ったり、社会的な問題に関して取り上げる事で議論や共感を得る記事を執筆しました。

それにより、スーパーニッチではあったもののアーリーユーザーからの熱烈な信頼関係を勝ち取る事ができ、アーリーユーザー達が明確な広告塔になってくれたと言えます。

2:テーマ選定の良さ

動物というのは、多くの動物メディアがグロースしている様にシェアされる率が非常に高いです。

しかも、The Dodoでは議論や意見が発生しやすい書き方になっている為、余計にテーマに対してイメージを膨らませる事ができているのです。

3:シンプルである

「ねぇ、The Dodoは、何なの?」

「動物のニュースサイトだよ」

と言った形でシンプルに答えるできる点は非常にわかりやすく・良いポイントです。

アプリであれサービスであれ商品であれ、バイラルさせる為にはどの様なツールなのか・サービスなのか伝え安い事が必須です。

※呼びやすさも、グッドポイントなのかもしれない。

4:キャラクター性

The Dodoは、キャラクターもThe Dodoという鳥である。

(和名ドードー鳥)

絶滅した動物をモチーフとしている点もさることながら、サービス名をズバリ普及させる為のキャラクターだという事も重要なポイントだ。

5:写真の選定能力

取材記事以外では、別メディアからの写真利用も行っている。

その際に題名付け以上にThe Dodoが上手い点が”写真選定”だろう。

動物の全体像や問題内容がわかる画像よりも、アップで顔部分がうつっている画像が良く用いられている。

まとめ:

いかがだったでしょう?

The Dodoにおける成功はメディアだったからと言う理由だけでなく、多くの戦略性から成功が導かれてると言えます。

自サービスにおいて以下の観点があるかを再考してみましょう。

1:アーリーユーザーが熱烈なファンとなりえるか?

2:市場性が見込めるか

3:シンプルであるか?

4:キャラクター性があるか

5:ビジュアル能力





Author Profile

東雲八雲
 

SFCを2010年卒業。塾長賞受賞。
専門領域は、ビジネスコンサル・デザイン。NTTデータにて金融事業を企画・運営後、ジャーナリスト団体、『ワードストライク』を立ち上げる。ITブログメディア growth hack japanやCurazy(台湾版)編集長を行う。

 

8kumo

Author: 8kumo

SFCを2010年卒業。塾長賞受賞。専門領域は、ビジネスコンサル・デザイン。NTTデータにて金融事業を企画・運営後、ジャーナリスト団体、『ワードストライク』を立ち上げる。ITブログメディア growth hack japanのライターや、Curazy(台湾版)の編集長を行う。

Share This Post On